えんきんとブルーベリーアイの違いを比較【サプリメント比較】

えんんきんとブルーリーアイの違いを比較
【サプリメント比較】

このページでは、下記の疑問について解説をおこないます。

 このページで解説している内容

このページで解決する問題は、下記のとおり。

えんきんとブルーベリーアイの違いを知りたい人「ファンケルえんきんとブルーベリーアイの違いを比較したい。何が違うのだろうか?」

こういった疑問にお答えします。

それぞれ、順番に解説しますね。

1.えんきんとブルーベリーアイの違いを比較

ファンケルから販売されている[えんきん]と、わかさ生活から販売されている[ブルーベリーアイ]の違いは、下記のとおりです。

1.配合成分の違い
2.機能性表示の違い
3.価格の違い

それぞれ、順番に解説します。

1.配合成分の違いを比較

ファンケルえんきんとブルーベリーアイの配合成分の違いを比較すると、下記のとおりです。

えんきん ブルーベリーアイ
・ルテイン … 10mg
・アスタキサンチン … 4mg
・シアニジン-3-グルコシド … 2.3mg
・DHA … 50mg
・ビルベリーエキス … 合計160mg
・ルテイン … 6mg

ファンケルえんきんは[ルテイン][アスタキサンチン][シアニジン-3-グルコシド]を主成分とする商品であり、ブルーベリーアイは[ビルベリーエキス][ルテイン]を主成分とする商品です。

2.機能性表示の違いを比較

ファンケルえんきんとブルーベリーアイの機能性表示の違いを比較すると、下記のとおりです。

えんきん ブルーベリーアイ
本品は手元のピント調節機能を助けると共に、目の使用による一時的な肩・首筋への負担をやわらげます。
また、ルテインは光の刺激から目を保護するとされる黄斑部の色素を増やすことや、コントラスト感度が改善する(ぼやけの緩和によりはっきりと見る力を助ける)ことが報告されています。

機能性表示なし

ファンケルえんきんは、機能性表示食品として消費者庁に届け出をおこなっている商品です。わかさ生活のブルーベリーアイは、機能性表示食品ではありません。

(※ただし、[ブルーベリーアイEX]および[ブルーベリーアイPRO]では、機能性表示の届け出をおこなっています。)

3.価格の違いを比較

ファンケルえんきんとブルーベリーアイの価格の違いを比較すると、下記のとおりです。

えんきん ブルーベリーアイ

30日分(60粒)
通常価格:2160円(税込み)

31日分(31粒)
通常価格:1925円(税込み)

ファンケルえんきんは、1日2粒の30日分(60粒)が2160円、ブルーベリーアイは1日1粒の31日分(31粒)が1925円です。

ただし、ファンケルえんきんのお試し1000円モニターなら、28日分(56粒)が1000円で購入することができます。

※おひとり様1回限りのお得なキャンペーンとなります。

2.えんきんとブルーベリーアイを比較した違いは何?

ファンケルえんきんとブルーベリーアイを比較した違いは、[機能性表示]と[機能性関与成分]です。

ファンケルえんきんは、機能性表示食品として消費者庁に届け出をおこなっており、[機能性関与成分]が配合されています。

商品名 えんきん
機能性関与成分 ・ルテイン … 10mg
・アスタキサンチン … 4mg
・シアニジン-3-グルコシド … 2.3mg
・DHA … 50mg
機能性表示 本品は手元のピント調節機能を助けると共に、目の使用による一時的な肩・首筋への負担を和らげます。
また、ルテインは光の刺激から目を保護するとされる黄斑部の色素を増やすことや、コントラスト感度が改善する(ぼやけの緩和によりはっきりと見る力を助ける)ことが報告されています。

上記のとおりです。

 

わかさ生活ブルーベリーアイは、ビルベリー由来のアントシアニン、ルテインを配合していますが、機能性表示の届け出はおこなっていません。

これが、一番おおきな違いです。

 

というワケで、

ファンケルえんきんは、消費者庁に届け出をおこなった[機能性関与成分]が配合されている健康サプリメントであり、おひとり様1回限り1000円モニターでお得に購入することができます。(*’▽’)/

 

関連するページ

ファンケルえんきんを激安・格安で購入する方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました