イージーファイバーは便秘・宿便に効果ある理由【くわしく解説】

イージーファイバーは便秘・宿便に効果ある理由
【くわしく解説します。】

このページでは、イージーファイバーの便秘・宿便にたいする効果について、くわしく解説します。

それぞれ、順番に解説します。

1.イージーファイバーは便秘・宿便に効果ある?

イージーファイバーシリーズ

[イージーファイバー]と言えば、小林製薬が販売している、[難消化性でキストリ(食物繊維)]を主成分とする健康食品であり、

  • イージーファイバー
  • イージーファイバーダイエット
  • イージーファイバー乳酸菌プラス

といった種類があります。

その主成分はほとんどが、[難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)]であることが特徴の商品です。

イージーファイバーは便秘・宿便に効果ある?

[小林製薬:イージーファイバー]のパッケージを見ると、[お通じの改善に役立つ]という表記がありますね。便秘や宿便にも効果がありそうです。

では、どうして?

[小林製薬:イージーファイバー]が便秘・宿便に効果があるのか?

くわしく解説していきます。

2.そもそも、宿便とは何か?

イージーファイバーには便秘・宿便に効果があるのか?を解説するまえに、「そもそも、宿便とは何か?」を解説します。

宿便とは、簡単にいうと

排泄されずに腸の中に貯まっている便

のことです。

ただし、よくダイエット商品でいわれているように、[腸壁にこびりついて剥がれない宿便がある]というのは間違いです。腸壁の細胞はつねに代謝をくりかえしており、医学的にみれば腸に便がこびりつくことはありえません。

ですから、宿便というのは、

便秘により腸内に貯まっている便

のことです。

3.イージーファイバーが便秘・宿便に効果ある理由

[難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)]を主成分とした、[小林製薬:イージーファイバー]を飲むことで、便秘・宿便の改善に効果があります。

その理由を解説します。

食物繊維には2種類あります

食物繊維には、おおきく分けて2種類[水溶性食物繊維][不溶性食物繊維]があります。

よくある話で、

食物繊維はおなかにいい

と言われますが、水溶性と不溶性でははたらきが異なります。

水溶性食物繊維は便秘・宿便を改善する

イージーファイバーに含まれる[難消化性デキストリン]のような[水溶性]の食物繊維であれば、水に溶かすとドロドロのゲル状に溶けて、便秘・宿便を改善するはたらきがあります。

水溶性食物繊維そのものが、水分を吸収して便をやわらかくすることに加えて、ビフィズス菌などの[腸内細菌(善玉菌)のエサ]となることで、腸内環境を改善するはたらきがあります。

不溶性食物繊維は、逆効果になる場合もある

穀類・豆類などに多く含まれる[不溶性食物繊維]は、適量であれば健康によい影響を与えますが、摂りすぎると便秘・宿便を助長し、さらに便秘がひどくなることがあります。

 

「食物繊維はお腹にいい」とはいえ、[水溶性][不溶性]では性質が異なりますので、注意が必要です。

特に、便秘・宿便がきになる場合には、
水溶性の食物繊維を摂るようにしましょう。

4.結論:イージーファイバーは便秘・宿便に効果あり

結論をいえば、[小林製薬:イージーファイバー]は、便秘・宿便に効果があります。

なぜなら、

イージーファイバーの主成分は、
ほぼ100%が難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)
だからです。

イージーファイバーの主成分は、こちらの記事でくわしく解説しています。

ほぼ100%が[水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)]からできているイージーファイバーを、水やドリンクに溶かして飲むことで、便秘・宿便の改善に効果があります。

さらに、イージーファイバーには、

ダイエットや腸内環境の改善にもうれしい効果が報告されており、消費者庁からも[特定保健用食品(トクホ)]の関与成分として認められています。

イージーファイバーの正しい飲み方

イージーファイバーのメーカー推奨量は、1日あたり1包(4.2g)です。

ただし、難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)は摂りすぎると悪い。という事はありませんので、1食ごとに1包×3回(合計12.6g)を摂取してもOKです。

お水などのドリンクに溶かして、
水分と一緒に摂取してください。

 

 おすすめ  えっ、今だけ0円で試せる酵素ダイエット?

くわしくはこちらをクリック

 

よく読まれている記事

賢者の食卓とイージーファイバーの違いを比較
イージーファイバーの成分とは

コメント

タイトルとURLをコピーしました